オービィ横浜ご利用案内

楽しみ方に合わせて選べる、新料金システムがスタート!

滞在の楽しみ方に合わせて選べる新しい料金システムになりました。
館内すべてのエキシビションとシアター23.4を楽しめる「パスポート(入館料+フリーパス)」に加え、一部のエキシビジョンを除く館内エンタテインメントを楽しめる「入館料」をご用意しました。
大人入館料なら800円!
またパスポートも 大人2,600円(税込)⇒ 2,000円(税込)など新料金に変更。
リピーターにうれしい年間パスポート(大人4,500円など)も誕生しました!

新料金システムの詳細情報はこちらから

約15種類の動物たちとふれ合える「アニマルスタジオ」

オービィ横浜に新たなエンタテインメントが誕生! 「アニマルスタジオ」はミーアキャットをはじめ、ヨツユビハリネズミ(ピグミーヘッジホッグ)やカメレオン、オウムなど珍しい動物と直接触れ合える事が出来るほか、BBC Earthが撮影した野生の生態映像とともに動物たちの実際の生態を学ぶことが出来ます。
見て、触れて楽しめる「アニマルスタジオ」をぜひご体験ください。。
アニマルスタジオ詳細情報はこちらから

【予告】
シアター23.4 新作「ふしぎの森のハチドリ」3/25(土)より公開


新作『ふしぎの森のハチドリ』
昔々、遥か彼方の森にヘクターというハチドリが暮らしていました。彼が大好きなのは花の蜜。しかしそこには恐ろしい蜂の群れが待ち構えています。花の蜜を得るためにはどうすれば良いのか?
彼は冒険へと出発します。危険を冒して森の奥深くへと行き、奇妙な森の住民たちから魔法の秘密を学ぶヘクター。不思議の森で彼自身が持つ魔法の秘密を確かめましょう。

シアター23.4 プログラム『はらぺこペンギン・マックス』

現在の放映作は『ハラペコペンギン・マックス』
物語の主役はケープペンギンのマックス。彼の悩みはいつもハラペコなこと。でも彼の住むここ南アフリカの島に好物の魚が見当たらない。そこでマックスは仲間たちといっしょに海をこえ、たべものを探す冒険の旅に出かけます。果たして彼らはサメやアザラシの攻撃から逃れ、好物の魚を見つけることができるのか?マックスのお腹に導かれて、たどりついた先はなんと大都会!?「お腹の音に耳を澄まして・・・そして夢の魚を見つけるんだ!」

オービィ横浜ってどんなとこ?

オービィ横浜は「エンタテインメント・エキシビション」と「シアター23.4」を中心に構成されておりBBC Earthによる圧倒的クオリティによる、地球上の生命の姿や自然の神秘を全身で感じる事ができる、全く新しい形のミュージアムです。
地球上空や深海、ジャングルや極寒地帯などの大自然や生き物をテーマとした数々のエンタテインメント・エキシビションは、「映像を見る」「音を聞く」あるいは「においを嗅ぐ」「身体で感じる」といった様々な感覚を刺激し、未知なる経験を提供します。
オービィ横浜の施設詳細はこちらから

《シアター23.4》

巨大スクリーンと特殊効果装置で大自然没入体験を可能にし、日本最大級の幅40m×高さ8mの メインスクリーンをはじめ、立体音響や最新の演出効果を導入し、風や霧、振動、においに至るまで大自然の環境を再現しているシアターです。
※上映作品のスケジュールに関しては公式ホームページにてご確認ください。

《エンタテイメントエキシビション紹介1》
極寒体験 マウントケニア


暖かいイメージのあるアフリカ赤道直下にも、氷点下の世界が存在します。
「マウントケニア」の一日の温度差を3つの部屋と通じて体験して頂きます。
最後の3つ目の部屋では強風による体感温度−15℃〜−20℃を体験できます!

《エンタテイメントエキシビション紹介2》
アニマルセルフィー


頭から角が生えてきたり、動物と同じ模様に変身したり、自分の姿とCGの合成による不思議な映像遊びをご覧ください。

このほかにも楽しいエンタテインメントエキシビションがいっぱい!

《ショップ》

オービィグッズを扱うショップ。オービィ横浜限定のグッズはもちろん、大自然をモチーフにしたグッズが揃っています。ぬいぐるみやステーショナリー、インテリア雑貨から珍しい標本、図鑑まで幅広く そろうアイテムは、手に取ってじっくり見入ってしまうものばかり。ここでしか買えないグッズをお楽しみください。

《お客様からのお問い合わせ事例》

Q:館内をまわるのにどのくらい時間が要りますか?
A:最低でも1時間半程度かかります。すべてのエキシビションとシアターをご覧になられる場合には2時間半程度必要です。

Q:再入館はできますか?
A:可能です。出口スタッフにお声をおかけください。専用のチケットを渡しております。

Q:混雑状況は?
A:平日や夜の時間帯は待ち時間が少なくご利用しやすくなっております。
  週末や団体のお客さまがいらっしゃる場合はお待ちいただく場合があります。